台湾見聞録

 石碇 観光・旅行・見所・観光スポット

  石碇・台北郊外を見る・食べる・遊ぶ・体験する・楽しむガイド
  台湾の人も訪れる台北郊外の人気スポット「石碇」の観光ガイド、エリアガイド情報をお届けいたします。
 

 石碇 観光ガイド

 石碇は長い間、小数の原住民が住むだけの村で、清朝末期になってから漢人の移住が始まった土地です

台北郊外 石碇 観光ガイドの見所

石碇

石碇石碇について 石碇は長い間、小数の原住民が住むだけの村で、清朝末期になってから漢人の移住が始まった土地です。北宜公路が建設されるまで、石碇は宜蘭方面から台北に向かう玄関口でした。石碇という地名の由来は、台北と宜蘭を往来する人々がこの地を通る際、川の中に積み重なる大きな石を乗り越えなければならず、それが台湾語では「碇」と呼ばれる石の敷居を思わせるので、石碇の名が今に残ると伝えられています。 石碇は川の流れに切り取られた谷のような地形であり、川と谷に沿って家が建てられているので、建物が宙に浮いて見えるような景観が生まれ、石碇の特色の一つとなっています。 石碇は「文山包種茶」の産地でもあり、近年、政府の重点政策(一つの郷にい一つの特色)のもと、石碇も当地の産業の特色をアピールしようと、「東方美人茶」の販売を積極的に進めています。 石碇に連なる山並みの中には仏教系の「華梵大学」があります。山に囲まれた静かな環境で百年の大計と言われる教育事業を行い、また貴重な仏教画や曼荼羅などの仏教文物、及び中国の文物を展示する「華梵文物館」を有し、山々が連なる石碇には世間の一切を忘れさせてくれる雰囲気がただよいます。

「石碇の写真」 


台北郊外石碇
台北郊外石碇




台北郊外石碇
台北郊外石碇




台北郊外石碇
台北郊外石碇




石碇のレストラン


台北郊外石碇
台北郊外石碇




石碇の桔山餐廳


台北郊外石碇
台北郊外石碇